菊芋のレシピ、食べ方、栽培、料理、効能、調理法

菊芋の効能〜レシピ&食べ方〜

⇒ 菊芋とは

「菊芋は食材の革命」とヨーロッパでは、いわれています。
根塊を食用とする菊科ヒマワリ属の植物です。デンプンを主体とするイモ類とは異なるものです。
原産地はブラジルとも北アメリカ北部ともいわれていますが原種が不明ですのではっきりしていません。
江戸時代末期に日本に渡来しました。もともとはインディアンたちが菊芋を特に好んで食べていました。
新大陸発見に伴いトウモロコシ、ジャガイモ等と一緒に菊芋はアメリカからヨーロッパへ伝えられたそうです。初めて世の中に紹介されたのは1603年。そう考えると菊芋は新しい植物といえるのかもしれませんね。
フランス料理の材料としても使われましたが、残念ながら普及はしなかったようです。
ちなみに、日本に菊芋の品種は「白色種」「紫色種」「喜久芋」の3種類があります。
第二次世界大戦後の食糧難の時には、菊芋は代用食(米の代わりに食べる主食)として配給され、家庭菜園でも菊芋は栽培されました。

スポンサードリンク



⇒ 菊芋の特徴

・菊芋は 糖尿病の緩和の効能あり

   フルクトース(果糖)はインスリンとは無関係に行動する。低カロリー、痩身作用。

・菊芋は腸内細菌の調整に効果的

   乳酸菌、ビフィズス菌を増殖し、整腸作用、血液浄化作用がある

・菊芋は高脂症を和らげる

   コレステロール低下、脂質改善

・菊芋はダイエット(体重減少)効能、

   菊芋は低カロリー食品なのでダイエットにも効果的。



⇒ 菊芋のおいしいレシピ・食べ方

【青森県産】無農薬の生の菊芋
菊芋たまり漬
菊芋味噌漬

・菊芋のサラダレシピ

菊芋は生でそのまま食べることができます。スライスすると菊芋特有のシャキっとした歯ごたえを感じる事が出来ます。レタス・キュウリ・ニンジン・トマト等を盛り付けたお皿に、皮をむいた菊芋をスライスし千切りにしてお好みのドレッシングをかけて食べます。しょうゆドレッシングが良くあいますよ。

・菊芋とベーコンの炒めサラダレシピ

菊芋は皮のまま1p角に切ります。ベーコンも1〜2p大に切ります。
菊芋とべーコンを一緒に炒めお好みのドレッシングで味付けします。(きくいものコリコリが残る程度)好みの野菜サラダをつくります。野菜サラダと菊芋を軽く混ぜ合わせたら出来上がり!

・菊芋の肉じゃが風煮物レシピ

菊芋の皮をむき少しのサラダオイルで炒めて、少量のひき肉と一緒に煮ます。
菊芋がやわらかくなったら、しょうゆ・砂糖などで味付けをします。

・菊芋のスープ(ポタージュ風)レシピ

菊芋の皮をむきをラップをして、電子レンジに2〜3分かけます。ミキサーに菊芋と少量の水を入れてかけます。ミキサーをかけた菊芋を鍋で暖めてコンソメ味・トマト味・クリーム味等、お好みのスープにして下さい。



⇒ 菊芋の効能

菊芋に含まれる天然のインスリンと呼ばれるイヌリンの効果により、血糖値、糖化ヘモグロビン濃度を下げる、快食快便が実感できる、体力が付いてくる、新陳代謝がよくなり皮膚炎が治り、肌がきれいになる。EDの改善が目に見えて来る。膵臓機能改善、中性脂肪の減少、肝機能の回復、各臓器の改善などの効果が菊芋によって期待できます。
上記のような症状は、血液に糖が溢れることにより引き起こると言えます。菊芋を摂取することにより、すい臓のブドウ糖浄化作用が良くなり、全身の血流が良くなり、糖尿病が引き金になる諸々の症状が改善回復されます。


菊芋を食べた人の口コミ&感想レビュー

Copyright(c) 菊芋のおいしいレシピ&効能 プラセンタの効果と口コミ トレンドインフォ All rights reserved.
inserted by FC2 system