プラセンタ注射・点滴の効果、皮膚科、アンチエイジング、プラセンタ療法、副作用

プラセンタ注射の効果・口コミ

スポンサードリンク

■プラセンタとは?

プラセンタは「胎盤」という意味です。胎盤は、お母さんのお腹の中にいる胎児の発育のためには必要不可欠な組織です。 プラセンタ療法とは胎児の発育や成長に必要不可欠の胎盤から精製されたプラセンタエキスを使い、 シミやシワの解消・皮膚の老化防止・美白などのアンチエイジング療法です。 英語でPLACENTAと書き、一般的にはは「プラセンタ」ですが、その他プラセンター、プレセンタ、プレセンターなど呼ばれることもあります。 プラセンタエキスは、人間に必要な脂質、タンパク質、糖質をはじめ、ビタミン、酵素、ミネラル、核酸などの栄養素が豊富に含まれていて、 本来生命がもっている総合的なパワーがあると考えられます。 プラセンタを摂取する事で、細胞が活性化され、新陳代謝や血行を促進して免疫力・自然治癒力を高め、健康の回復や維持はもちろん、 美白やアンチエイジング(老化防止)にも注目されている治療です。

■プラセンタ注射の効果・効能

・プラセンタで美肌効果&アンチエイジング療法

プラセンタ注射を打つと、新しく細胞の生成を促す作用があるので、新しい皮膚細胞が次々に生成されます。 コラーゲンが活発に再生されることにより、潤いとハリのあるなめらかな肌へと導きます。保湿効果、美白作用も期待されます。

・プラセンタの抗アレルギー作用(花粉症、アトピー性皮膚炎など)

プラセンタには抗アレルギー作用があり、アレルギー体質の体質改善する効果があります。 プラセンタには胎盤に含まれている免疫作用が働き、アレルギー反応を起こす分泌をコントロールする働きがあるのです。

・プラセンタの血行促進効果

プラセンタは、血管の血液循環を改善して血行を良くする事で新陳代謝を高めます。 プラセンタの血行改善作用で、腰痛、肩こり、冷え性が軽減できるでしょう。

・プラセンタの抗疲労作用

プラセンタには免疫力を活性化し自然治癒力を高める効果があるので、疲れにくくなり、疲労回復が早くなるといった作用があります。


その他にも、二日酔い、生理不順、更年期障害、高脂血症、不眠・うつ病などの精神性疾患にも効果があります。 胃潰瘍、リウマチ、歯肉炎、膠原病、ベーチェット病、円形脱毛症にも有効的です。 プラセンタは最近は美容で脚光を浴びていますが、約50年前から肝臓や更年期障害の薬として使われてきました。

■プラセンタの成分

プラセンタの成分は健康な人間の胎盤から抽出された栄養豊富なエキスで、細胞分裂を促進する生理活性物質も含まれています。
人間の胎盤には5000種類もの生理活性物質や酵素エキスが含まれているといわれています。プラセンタ入りのドリンク、サプリメントや化粧品は胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子や他の栄養素を抽出したものです。
プラセンタには美肌効果があるアミノ酸やミネラルなども豊富に含まれています。
プラセンタは馬や牛、豚などの哺乳動物のものでも効果はほぼ同じと思われます。
最近では羊や馬の胎盤が注目されています。
プラセンタ注射、点滴には人間の胎盤、内服用(化粧品、サプリメント)には
主に豚の胎盤が使用されています。
薬事法により現在の日本では、人間のプラセンタは医療用のプラセンタ注射液や点滴以外には使用することができないことになっています。 
人間の胎盤は出産後に医療廃棄物として処理されていて、産婦人科から集められているそうです。

■プラセンタの歴史

プラセンタの歴史はとても古く、日本では加賀の三大秘薬の一つである不老長寿の薬「昆元丹」に使われていたそうです。秦の始皇帝は「不老長寿の媚薬」として使用していていたという記録も残っています。中国では「不老長寿の薬、滋養強壮薬」として「紫河車」という名前で古くから珍重されていました。プラセンタをペーストや軟膏薬とまぜて多数の漢方薬に配合していました。また、西洋では美で名が高いマリーアントワネットやクレオパトラも美容や若返りにプラセンタを使用していたといわれています。
プラセンタ療法は、皮膚を切開して胎盤を埋め込むという「埋没法」が昭和20年代から旧ソ連や中国から伝わり、保険適応の肝機能障害や更年期障害に限られた治療法でした。
現在では研究が進みプラセンタの効果や効能が次々と解明されて、プラセンタ注射などの医薬治療だけではなく、プラセンタドリンク、サプリメントなどの健康食品、化粧品でも注目をされています。

■プラセンタ愛用の有名人、芸能人

プラセンタは、美容、健康、アンチエイジングにとても評価が高く、多くの芸能人、有名人にも愛用されています。
過去にはクレオパトラ、楊貴妃、マリー・アントワネット、オードリー・ヘップバーン、ダイアナ元英国王妃、チャーリー・チャップリン、マリリンモンローなどの各国要人、ハリウッドスターもプラセンタを愛用していた、というのは有名な話です。
チャーリー・チャップリンが70歳を越えて結婚し子供をつくることができたのも、プラセンタのおかげなのかもしれませんね。
最近ではマドンナ、ティナ・ターナー、チャーチル首相、マイケル・ジャクソンなどのセレブもプラセンタを美容とアンチエイジングのために愛用しています。
日本では森光子さん、管野美穂さん、神田うのさん、川島なお美さん、梨花さん、叶姉妹もプラセンタ愛用者だそうです。キムタクことSMAPの木村拓也さんは顔面に直接プラセンタ注射をしているそうですよ。

Copyright(c) トレンドインフォ  All rights reserved.
inserted by FC2 system